time・lapse world

whitedandy.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 11日

長時間露光の手順

もう完全に病気です。ボッコ探しの旅でした。
c0241473_20345739.jpg


 本題ですが、
時々、長時間露光に撮影について聞かれる事がありまして、
私なりの撮影手順について書いてみました。
 *あくまで私の撮影手順なので必ずしも100%正解という事ではないのでご承知ください*

 必要機材
 カメラ・三脚・レリーズ・NDフィルタ等は最低限必要と思います。(私は電卓とタイマーレリーズを使ってます。)

1.構図

 長時間露光では三脚が必要になりますが一度三脚をセットしてしまうと
そこから動けなくなるのでファインダーを覗いてしっくりくる構図になる位置で
三脚をセットするようにしてます。

2.ピント
 私は基本的にライブビュー撮影してますので10倍に拡大してピントの合ってほしい
位置にマニュアルであわせています。あと三脚撮影なので手ブレ防止はOFFにしています。

3.露出の計算
 露光時間を算出するためにAVモード(絞り優先モード)で絞り11にしてシャッター半押しで
露出時間を見ます。 たとえばSSが1/100だった場合ND400を付けると
    1/100x400 で 4秒となります。そこから露出したい時間をイメージします。

 雲のながれ波の状態で60秒位欲しい場合さらにND16で1/100X400X16=64秒
 さらに露出時間が2倍の2分欲しい時は絞りを11から16にしぼったりして調整します。

 絞りすぎは回折現象が発生するといわれますが私のような写真では気にしません。 

4.その他
  キャノン7Dではあまり気になりませんが一応ファインダーからの光をテープなので
遮光したほうがいいと思います。
  (追記)ノイズリダクションは時間が倍かかるのでOFFにして後処理で対応してます。

 参考になったでしょうか??   
[PR]

by whitedandy | 2012-11-11 20:35 | Comments(2)
Commented by LimeGreen at 2012-11-11 23:43 x
あ、そうだ、手ブレ防止!
Offにするの忘れてました!
あほですねー。
露出の計算、ちゃんとするようにします。そしたらあてずっぽうでしなくてもいいし。私は可変ND使うので、そっちこそはトライ&エラーで調整してますね。

大変参考になります。コピペしてWord Documentにして保存させていただきますね(そしたら後でまた読めるから)。ありがとうございます。
Commented by whitedandy at 2012-11-12 15:02 x
LimeGreen さん
そうですね私も手ぶれ防止のまま撮ることがあります。。
可変NDほしいいなぁ~。。
名前
URL
削除用パスワード


<< 冬の旅      ましけ >>