time・lapse world

whitedandy.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 17日

EOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCE SAPPORO

本日3月17日 Canon EOS 5D Mark III SPECIAL EXPERIENCE 札幌に行ってきました。

c0241473_18134067.jpg


 札幌駅からほど近い会場で何度かEOSセミナーで訪れているビルです。発表されて以外に
早く実機を触ることができました。

 会場で実機を使っての試写を体験してきました。
c0241473_1814989.jpg
c0241473_18142169.jpg


 まず、一番安心したのがシャッター音でした。以前友人の5DMK2を借りた時に感じた
シャッターフィールが今回改善されていると実感しました。これは二重丸です。
 
私自身、被写体が風景が多いので高い連写性能は必要ないのですが約6コマ/秒の連写は嬉しいですね。

 グリップした感じもとてもしっくりしました。グリップ部の形状を変更しているようでこちらも
好感触でした。

 操作ボタンですが7Dと基本的な部分が同じような気がします。試写していて特に迷う項目は
ありませんでした。
 再生画面での拡大が 再生ボタン→虫眼鏡ボタン→メイン電子ダイヤルと若干の変更がありました。
案内の方の説明ですとマルチコントローラー(親指)でピント確認位置、メイン電子ダイヤル
(人差し指)で倍率と独立で操作できますよとの事。(慣れると便利かも、、、)

 セミナーにも2回出席してみっちりお勉強してきました。
講師の先生は 田中 達也氏 でした。以前テレビで拝見していた方でした。

 話し方もやさしくわかりやすくとても参考になりました。特に、今回搭載された機能についての
解説です。
 興味深かった機能にHDRと多重露出です。 
HDRは実機でもためしたのですがいろんな設定がありかなり魅力的な仕上りが期待できそうでした。
今後バージョンアップされるDPPにて細かい調整ができるようですよ。

 最後に先生のコメントで印象に残っている言葉で、
「このようにカメラでHDRが可能になるとコンテストの審査基準が変わりそう
ですね。だってカメラ内で作成している画像だとするとレタッチではない訳ですよ」

 なるほどですね。言われてみれば確かにそうですよね。実際コンテストの審査がどうなるか
わかりませんが表現の幅・奥行きを広げるという意味でキャノンさんが搭載したことは大きですよね。

 とうことでレビューとうより単なる感想の列記になってしまいましたが
今年の年末にはGETしていることを夢見て会場を後にしました。
[PR]

by whitedandy | 2012-03-17 18:14


<< 「tawamure」  review      Family >>